マイヤーズ博士とは?

ニューケア創業者〜リン・マイヤーズ医学博士〜
*リン マイヤーズ医学博士は北米でサプリメントにおける権威のある専門家のひとり。マイヤーズ博士はCNNヘッドラインニュース、ESPNワンオンワンスポーツ、において全米レスリングコーチ協会の栄養管理についてのゲストスピーカーとして質問を求められてもいる。

オクラホマ州立大学で薬学と免疫学の奨学生として博士過程を卒業後、研修医としてのプログラムを経てツラネ大学において病理学の講師を勤める傍ら、ニューオリンズにある慈善病院にて病理学の研究者として活躍。ベトナム戦争時は、テキサス ヒューストン フィートサムにある陸軍医療センターの火傷センターにて勤務。終戦後はガルベストンにあるテキサス州立大学医学支部にて病理学の教鞭をとった。同時に多くの医学論文を専門誌へ寄稿し、研究所長として永年病理学教育者として表彰されている。また1969年からアメリカ病理学会より解剖・臨床病理学者として認められている。

その後、24年にわたりオクラホマの主要な病院にて病理学研究所の所長と病理学教育所長を務めた。アメリカ病理学会、アメリカ臨床科学会、アメリカ臨床病理協会、アメリカ臨床化学協会会員。 

ビッグファーザーでありグランパでもあるマイヤーズ博士
マイヤーズ博士には3人の息子と2人の娘があり、現在はどの子どもたちにも、孫のいるビッグファミリーのグランパでもあります。家族を一番に考える博士にとって、家族の健康は一番の関心事であり、自らがサプリメントの開発にかかわり家族にも勧めるというスタイルを貫いています。

1年を通じてフルタイムで働きながらも、休日には家族の誰かを伴っての釣りを欠かしません。ルアーでのバスフィッシング、フライでのマス釣りをこの上なく愛しており、息子達に釣りを通じて多くのことを伝える*フィッシャーマンでもあります。

日本のカスタマーへ
マイヤーズは常々、日本のカスタマーにも、ニューケア商品を正しく伝えて欲しいと申しております。病理学を学んだ人間として、昨今のアメリカでのドーピング事情を深く憂い、サプリメントはあくまで健康へのサポートであって、カラダに直接影響を与える薬ではないとことを強調しています。

アメリカ本社においても、つい最近までアメリカにてサプリメントとして販売されていたエフェドリン、プロホルモンといった分野などへの展開を絶対に許すことなく、基本商品の拡充を図ってきた自負があります。

ニューケアブランドはスポーツに取り組むお子様を持つ親御さんにおすすめできるラインナップであるようにと強い信念をもっていること、また、この姿勢を持ち続けていくこと約束します。

*マイヤーズ博士
ニューケア社の前身の企業の社長であり、現商品開発アドバイザー。
現社長の父でもある。

CNNでコメント
*フィッシャーマン
オクラホマ、ダラスは釣りとハンティングの盛んな地域。マイヤーズ一家の男たちは全員がフィッシャーマンです。ニューケアで働くには釣りの試験がいるのではと思わせるほどの熱の入りようでもあります。